『フィンランド』で掘出し物を見つけよう!Kirppis(キルピス)って何!?

北欧『フィンランド』で掘出し物を見つけよう!Kirppis(キルピス)って何!?お土産
finlandのキルピスは掘出し物の宝庫

フィンランドは、エコの国。

色々なエコを実践している国。

その一つに、「むやみにゴミを出さない」エコがあります。

例えば、衣類・雑貨・本・ソファー等々。

フィンランドでは、これらの物を捨てずに、Kirppis:キルピス(リサイクルショップ)へ持っていきます。

そして、また再利用をしてもらう。

そうすることで、ゴミにならない。

モノが、物として生きるんです。

フィンランドには、昔からリサイクルの習慣があるそう。

キルピスは、宝の宝庫かもしれませんよ。

あなたも、あなただけの特別な物、見つけにいきませんか?



👇関連記事:エコ関連の記事はこちら。

地球温暖化にSTOP 今すぐ真似したい!『フィンランド』のエコ生活
義姉が日本に来ると、日本は梱包やビニールなど過剰に使いすぎている!とびっくりされます。義姉の生活しているフィンランドでは、使えるものは使う!が日常のこと。ECO。エコ。この言葉皆さんもご存知だと思います。地球上に住む一人一人が、地球温暖化STOPに貢献できるんですよね。皆さんも自分にできる「ECO」はじめてみませんか?
スポンサーリンク

フィンランドのKirppis(キルピス)

フィンランドと言えば・・

Kirppis:キルピスは欠かせない存在。

義姉に、キルピスを紹介してもらってから、私はそう思っています。

そして、フィンランドへ行くと、必ずキルピスに足を運びます。

必ず掘出し物が見つかる、素敵な場所なんです。

あなたも、キルピスで掘出し物を見つけてみませんか?

Kirppis:キルピス?

Kirppis:キルピスとは?

リサイクルショップやフリーマーケットの愛称です。

フィンランド人は、リサイクルショップやフリーマーケットを、キルピスと呼び愛用しているんですよ。

Kirppisの種類

キルピスは、大きく分けるとこの2種類。

①お店
②フリーマーケット


そして、細かく分けると・・

①お店(店主が一人)
 ※売りたい人が、お店に品物を買い取ってもらえます。

②お店(店主が多数)
 ※売りたい人専用の個々のブースがあり、そこに品物をセッティング。売れたら後日精算となります。

③フリーマーケット
 ※広場などで行う(不特定多数の参加OK)

④フリーマーケット
 ※地域に住む人達などで行う(例えば、マンションの住人で行うなど)


②のお店は、日本にはない面白い仕組みだなぁと思います。

義姉は、この②のお店で売った収入を、旅行の資金にしたことがあると話していました。

期間は決まっているようですが、自分のお店を持てるって嬉しいですね。

キルピスで売っているもの

キルピスには、色々なものが売っています。

上の写真は、アラビアやアンティークな陶器達。

他にも、以前ご紹介した「ケルマンサヴィ」もあるかもしれません。

👇関連記事:フィンランドの陶器「ケルマンサヴィ」はこちら。

『フィンランド』の陶器「K E R M A N S A V I」。ビタミンカラーで元気になろう!
フィンランドの陶器。アラビアやイッタラが有名ですね。私のお勧めは「K E R M A N S A V I:ケルマンサヴィ」。2011年に食器製造を終了してしまったケルマンサヴィ社。ケルマンサヴィの陶器は、まだまだ手に入れることが出来るんです。あなたも、ケルマンサヴィの陶器見つけにいきませんか?



ちなみに、私は、子どもの服をキルピスで購入しました。

ムーミン柄や北欧柄。

日本にはないセンスの北欧の子ども服。

子どもも喜ぶ、とっておきの一枚が見つかりますよ。

キルピスで出会う掘出し物

エコの国フィンランド。

キルピスに行くと、フィンランドのエコが詰まっています。

そして、物を大切にする国フィンランド。

キルピスが根付き、皆に愛用され続けているのも、きっと物を大切にする心があるからだと思います。


物の価値が失われず、生き続けられる場所。

キルピス。

そんなキルピスで出会う掘出し物は、特別な物になるはずです。

あなたも、キルピスで特別な掘出し物に出会ってみませんか?


ランキングに参加しています。
↓↓下のバナーをポチッとして頂けると嬉しいです。


人気ブログランキングにほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

お土産 フィンランド旅行&観光
スポンサーリンク
Flat Finland ふらっとフィンランド  finland(フィンランド)の観光、日常、文化等を幅広く紹介するブログです。